みいちゃんが来てくれました。

 

当院から里子に行ったみいちゃんが、8年振りに来てくれました。2013年に5歳位で保護し、横隔膜ヘルニアの手術を乗り越え、元気になってくれた子です。その時はもう成猫で、鼻咽腔狭窄のため呼吸音が大きいみいちゃんを受け入れてくれました。「大人しくて我が家にピッタリ」とおっしゃっていただきました。13歳になり、甲状腺機能亢進症の診断となりましたが、可愛がっていただいていた様子、安心しました❣

 


みゅうちゃんです

仔猫のみゅうちゃんの成長記録です

うちに来た日です。育ってくれるか心配でしたが…
まだネズミっぽい
授乳は大変ですが、飲んでくれると大変嬉しい
両目が開いて、最高に可愛い
白だと思っていたら、だんだん縞模様がはっきりしてきました
儚い感じの女の子だと思っていましたが、みるみるうちに狂暴に…

 

いつの間にか、悪~い顔になっていました…

そして、優しい里親さんのお家に貰われて行きました 先住猫のお姉さん達を襲っていないかとても心配なのですが、里親さんは「とっても賢い子ですよ」と可愛がってくださっています。本当にありがとうございます


ぴよ&仲良しワンコのコットン君

コットン君とは長い付き合い。コットン君は、いっつも俺っちのお尻の匂いをグイグイ嗅いでくるんだよね挨拶なんだろうけど やめれ~ってパンチしちゃうんだ

「ピヨさん、お久しぶり~!!」コットン君
「それでは今日のご挨拶を~」コットン君
「ほ~~最近お元気そうで~」コットン君
「沢山嗅いだでしょっ」ぴよ
「やめれっ!えいっ!」ぴよ

里親さま宅での様子(たろうちゃん)

2歳になったたろう君ママからお便り頂きました

リラックスしすぎてこんなダイナミックなヘソ天でいる事もあるそうです(^^♪ 

お姉さん猫とも付かず離れずの距離感でうまくやっているそうです。お姉さん猫たち、ありがとう❣ 

ご家族にチヤホヤしてもらって、幸せな日々を過ごしているそうですありがとうございます