暑い日は扇風機だけではダメです

人間や馬は全身に汗をかくので、風が吹くと蒸散によって体温が下がり涼しく感じます。

しかし、犬、猫、ウサギなどは身体に全く汗をかかないので、扇風機などで風を当てても、わずかしか涼しくなりません。室温を下げる必要があります。

暑い日は、必ずエアコンを27℃冷房弱風か自動運転設定で付けてください

出勤、お出かけの際も、付けっぱなしでお願い致します

エアコン嫌いの猫ちゃんは、どこか一部屋はエアコンを付け、自分で好きな場所に移動できるようにしてあげてください。

外で飼っている犬は、どうぞ玄関など室内の涼しい場所に移してあげてください

飼育環境は、動物たちの寿命を左右します。

適正な室温、換気、日当たり、清潔なトイレ、新鮮な水、良質なフード、散歩や遊び・・などなど、とても大変なのですが、大切な家族のためにどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 


お散歩は、早朝 や 夜☽に行くようにお願い致します

猛暑ですね…

夜になっても、全然涼しくならないのですが、脚の裏が熱くないだけ、昼間より少しはマシなので、お散歩は夜か朝早くにお願い致します👣

時々、カンカン照りの中をお散歩しているワンちゃんを見かけます。可哀想です…

気温が23℃でも、アスファルトは46℃!!!

飼い主さんも裸足で歩けるか、確認した方が良いですね

 


室温と湿度を適正に・・春~夏

ワンコ・ニャンコが暮らす部屋を適温にするには、エアコンだと27~28℃設定がちょうど良いと思いますが、皆様のおうちではいかがでしょうか?

エアコンの風が直接当たらないようにし、自分で好きな場所を選べる様にしてあげてください

温度がそれほど高く無くても、湿度が高いと、熱中症をおこす事がありますので、注意してください☔

電気代も高くなって大変ですが、できるだけ快適な環境にしてあげて下さい。よろしくお願い致します。


外飼いのワンちゃんは室内へ入れてあげてください

☀練馬の夏は、毎日ニュースに出るくらい強烈に暑いので、ワンちゃんはその暑さに耐えられません。

気温ストレスは健康寿命を明らかに縮めますし、何より可哀想ですので、涼しい室内に(せめて玄関に)入れてあげて下さい☀

 

お外で暑くて辛そうなワンちゃんを見かけた時は、東京都・保険福祉局・健康安全部・環境保健衛生課・動物管理担当 03-5320-4412 、あるいは警察署へ通報してください。


室温を適正に・・

うちのポリス君は、野良ネコお母さんのお腹の中にいた時に、お母さんが「猫汎白血球減少症ウィルス」に感染したため、小脳形成不全になり、上手に動けない身体です。それは私がいつもお世話しているので大丈夫なのですが・・

9年前の2月の寒い日にエアコンが壊れ、室温が低い日が2日間続いてしまったら、重度の貧血と、汎白血球減少症(全ての白血球が減ってしまった状態)を発症し、生死の境をさまよいました・・(最終的にはピヨから輸血をして回復しました。ピヨ偉い

また、8年前の5月の暑い日「まだエアコンつける程でもないよな・・」と気を抜いてしまったら、再び同じ症状を発症しました。

室温などの環境ストレスは、身体の免疫力を下げ、病気を引き起こしてしまう事を体験しました。

健康で長生きしてもらうために、適正な室温、猫口密度、換気、日当たり、芳香剤やタバコなどはやめる など・・気を配って頂けたらと思います

ポリ君、今は、一年中の完璧な室温管理のもと、とても元気にしています

赤ちゃんの時のポリ君 甘えん坊で気が強い!

 

 

 

 

 


おうちの中で首輪は必要ですか?

ワンコもニャンコも、おうちの中では、首輪ははずしてあげてください。

理由は・・・

①人間なら、太さ4㎝位の太いネックバンドを、一日中巻き付けている状態であり、息苦しい。

②首輪の下だけ毛が生えなくなる。

③首輪の下が蒸れて痒いのに掻けない。

④首輪をきつく巻いていると、緑内障発症のリスクを高める。特に、柴犬は要注意。

 

また、猫の首輪に付いている鈴(すず)もストレスになります。

理由は...

①猫はとっても耳が良いので、人間なら、動くたびにジャランジャランと、物凄い音がいつも耳元で鳴っている、という事だから。

②鈴が首の下の皮膚をこすって、禿げたり、怪我したりする。

 

脱走の可能性がある場合は、首輪に電話番号や飼い主の名前を書いて、付けっぱなしにするのも仕方ありません。その場合は、文字が消えていないか、定期的に確認してください。あるいは、迷子札を首輪に付けてください。

本当は、マイクロチップを入れるのがお勧めです❣

「家のどこにいいるのか分かるから付けている」という方がいらっしゃいますが、そんなにいつも存在を確認する必要はなく、どうぶつ達はいつだって飼い主さんを見ていますよ

「可愛いから首輪を付けている」とおっしゃる方も時々いらっしゃいますが、首輪なんか無くたって、充分とっても可愛いはずですよ


爪&足の裏の毛

爪が伸びすぎると、指が曲がって歩きにくくなったり、爪が肉球に食い込んだりします。

また、足裏の毛が伸びすぎると、肉球を覆ってしまい、フローリングで滑ります。

特に、あまりお散歩に行かないワンちゃん、トリミングに出さなくてもなんとかなる犬種(ダックス、チワワなど)は要注意です。

爪切りや足裏毛のカットは、予約なしでも出来ますので、お気軽にお申しつけください。

爪が伸びすぎ、足裏の毛もボサボサです。

スッキリ!これでキチンと歩けます❕

歯石除去は無麻酔でやってはいけません

先日、某ペットショップに「無麻酔で歯石取り」のポスターが貼られていました。それも結構なお値段で驚きました。

数年前に流行りましたが、危険性無意味さ問題になり、見かける事は無くなって来たのですが…

歯石取りは、必ず動物病院において、麻酔下で行わなければなりません。

写真のように、犬の歯は奥の奥にも生えていますし、歯の裏側にも歯石は付きます。

そんな奥歯や、歯の裏側の歯石が取れるほど、ワンコが口を開けたまま大人しくしてくれる訳がありません

また歯槽ポケットのお掃除は、人間同様マストです。

 

歯石が付いている奥歯の奥にもまだ歯があるのです・・・

 

歯石除去後、全歯裏表を洗浄し、ツルツルピカピカに磨きます。歯の表面が粗いと歯石がすぐ付いてしまうからです。

麻酔時には、必ず身体検査・血液検査を行いますので、健康チェックも同時に出来ます。

ご質問・ご相談はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日光浴は大切です

動物はみんな日光浴が必要です。骨を丈夫にしますし、免疫力をアップします。

人間も同じなので、シミが出来ても構わないパーツに日焼け止めを塗らず、日光浴したほうが良いそうです。

これからの季節は、日差しが強すぎる事もありますので、ワンコ・にゃんこが場所を自分で選べる環境を作ってあげてください。

やっちとプニョン。やっちーは誰にでも優しいいい子です!