猫の譲渡に関する誓約書

当院では、猫の譲渡の際に、以下の「誓約書」にサインをいただき、全項目を守っていただきます。

里親をご希望くださる際は、必ず全項目を確認してください。

よろしくお願い申し上げます。

 

猫の譲渡に関する誓約書

       は、ひびの動物病院が保護していた猫 仮名      (      )を里子として譲り受け、以下の条件を了承し、責任をもって飼養する事を約束致します。

1. 飼育環境を確認するため、自宅まで届け、家の中まで入る事を了承します。

(喫煙者がいる、強い芳香剤やお香の匂い、全く陽が当たらない、部屋が汚れている、極端に狭い、などの場合は、猫はお渡しできません)

2. 身分証明書(免許証・保険証など)を提示し、コピーを取る事を了承します。

3. 外には絶対に出さず、完全に室内飼いします。

4. 室内温度(不在時でもエアコン使用など)、水・エサの管理を適切にします。

5. 生後6ヶ月頃に、不妊手術(去勢・避妊)を受けさせます。

(他院にて行った場合には、領収証など証明できるものを写真付きメールなどで送っていただき、当該動物病院に確認します)

6. 病気になった時は、必ず動物病院を受診します。

7. かかりつけ獣医の指示に従って、予防接種、寄生虫駆除を行います。

8. 譲渡後1週間までは、写真付きのメールで詳細に様子を知らせます。その後、1年に1回は猫の様子を写真つきで連絡します。(連絡がない場合はご自宅まで伺います)

9. 4匹以上の多頭飼いはしません。

10. 飼育を放棄する事なく、最期まで大切に育てる事を約束します。

11. 万が一、飼育できなくなった場合は、当院の了解なく他人への譲渡はしません。また、放棄や、保健所に持ち込む事は絶対にいたしません。

12. ワクチン、駆虫薬、治療、ミルク、エサ、トイレ砂等の一部として¥   (猫の保護状況によります)を支払います。

  • 以上の約束が守られない場合や、飼養者としてふさわしくないと思われた場合は、正式譲渡後であっても、猫を返還していただきます。
  • 虐待や、他の目的のために騙し取る詐欺行為があった場合は、法的対処を行います。
  • 虐待、放置虐待(給餌・給水をやめるなど)があった場合は、『動物の愛護および管理に関する法律 第27条』違反として法的対処を行います。
  • 本契約書は、里親と当院が署名・捺印し、一通ずつ所持するものとします。

西暦    年  月  日

里親氏名:              

住所:〒                       

携帯☎:          自宅☎:           

メールアドレス: